体験会

Hasselblad X1DII 50C & 907X 50c

新発売のX1D II 50Cと
新しく発表された907X 50Cのサンプル機材を使用し
店頭スタジオにてお試し撮影して頂ける体験会を開催。

(907X 50cはサンプル機材の為、データーお持ち帰りは出来ません。) 

日時:8月22日(木)から24日(土)午前11時から午後6時
場所:株式会社TPC大阪事業部店頭 TPCの所在地はこちらです。
HasselbladとTPCのスタッフがお手伝いします。

上記 日時のご都合の良いお時間にTPCショップへお越し下さい。ご予約不要です。

TPC Shop Studio

ストロボ照明器具、バック紙などをご用意し撮影して頂けます。是非、ご来店下さい。

お問い合わせはお電話(TEL:0120-947-561)、又はメールにてお願いいたします。

X1D II 50C

Manager Black
Buy Now

変更点

>背面液晶3.6”(43%の大型化)

>電子ファインダー369万ピクセル(55%高解像度化)

>連射速度2.7fps(35%の高速化)

>ライブビュー60fps(62%の高速化)

>JPEG記録(JPEGのみでの記録可能)

>GPS内蔵

>充電(USB経由で充電可能)

SPEC

>画素数:5000万画素

>センサーサイズ (mm):43.8 × 32.9 mm

>ISO感度:100、200、400、800、1600、3200、6400、12800、25600

>キャプチャーレート:最大2.7枚/秒(RAW)
 

907X 50C

907X50c
発売日未定

CFV II 50C

新しくなったCFV II 50Cデジタルバックは5000万画素CMOS中判センサーを内蔵し、16bitの色深度、14ストップの非常に広いダイナミックレンジ、フルサイズのJPEG画像を記録する機能を備え、最適なパフォーマンスが得られるように個別にキャリブレーションされています。ハッセルブラッドのナチュラルカラーソリューションは、カメラのシステムに統合され、人間の目の見え方と一致した、実物に近い色調を再現します。CFV II 50Cは前モデルから人間工学的にさらに改良され、内部バッテリースロットのほか、タッチ&チルト背面ディスプレイを備え、スリムな形状となりました。CFV II 50CはほとんどのV Systemカメラと互換性のあるデジタルバックですが、907Xを装着することでさらに創造性あふれるカメラとなります。

907X

907Xはハッセルブラッドの中判カメラボディとして最小を誇り、重量はわずかに203g。非常に薄く軽量で、CFV II 50Cと簡単に装着できるように設計されており、大変コンパクトなカメラシステムとなります。907XをCFV II 50Cに接続すると、すべてのXCDレンズが装着できます。さらにアダプターを介して、すべてのHC / HCD、Vシステム、およびXPanレンズを含む、さまざまなハッセルブラッドレンズで撮影が可能となります。

 
 

新しく・アンティークな907X 50C

主催:株式会社TPC 協力:Hasselblad Japan